ユマニチュード®とは?

日本支部について

「ユマニチュード」は、体育学を専攻する二人のフランス人、Yves Gineste (イブ・ジネスト)とRosette Marescotti (ロゼット・マレスコッティ)によって作り上げられた35年の歴史を持つ、知覚・感情・言語による包括的なコミュニケーションに基づいたケア技法です。

ジネスト・マレスコッティ研究所(instituts Gineste Marescotti; IGM)はこのケア技法に関する研究および教育を行っています。

ジネスト、マレスコッティ

現在フランス国内では14の支部がケア教育を行っており、400を超える医療機関・介護施設がこの技法を導入しています。また、ベルギー・スイス・ポルトガル・ドイツ・カナダに国際支部があり、6番目の国際拠点として2014年に日本支部が誕生しました。

ユマニチュード研修会 ユマニチュード研修会 ユマニチュード研修会