日本支部について

日本支部について

ごあいさつ

フランスにて

 ユマニチュードの日本への導入は、2011年10月に国立病院機構東京医療センター総合内科の本田美和子がフランスのジネスト・マレスコッティ研究所を訪問したことが端緒となりました。南フランス各地のユマニチュードを導入している高齢者向けの急性期病院、慢性期病院、長期療養施設をケア技法創始者二人とともに訪れた本田は、現在日本が直面している看護・介護の現場にある困難の解決策となる可能性を感じ、帰国しました。

 次いで2012年2月にYves Gineste, Rosette Marescottiの二人を招き、国立病院機構東京医療センターでの講演と日本人患者へのケアの実践が実現しました。二人のケアの様子を見た日本の看護師からの強い要望に応える形で、東京医療センターを中心に研修会が継続的に開催され始めました。

ユマニチュード研修会

 2014年1月までに研修を受けた看護師は、国立病院機構東京医療センターの職員のほか、国立国際医療研究センター、東京都健康長寿医療センター、国立長寿医療研究センター、東京都看護協会、東邦大学看護学部、東邦大学医療センター大橋病院、東京都立松沢病院、佐久総合病院など多くの病院から看護・介護に携わる職員が参加しています。

 日本支部は日本でのケア研修および研究の拠点として、ケアを実践する看護・介護専門職、ケアに関する研究者等が集まり、国立病院機構東京医療センター総合内科本田美和子が代表となって活動を開始しました。

研修会の様子

ユマニチュード研修会 ユマニチュード研修会 ユマニチュード研修会

日本支部の詳細・所属員

所在地

東京都目黒区東が丘2-5-1

所属員

※2013年1月時点

本田美和子(代表)1  盛真知子(副代表)1  林紗美1  森谷香子1  金沢小百合2
丸藤由紀2  伊東美緒3  木村陽子3  膽畑敦子4

  • 1:国立病院機構東京医療センター
  • 2:国立国際医療研究センター
  • 3:東京都健康長寿医療センター
  • 4:国立長寿医療研究センター