2016年8月7日(日) 第4回市民公開講座「ユマニチュードという革命」 開催案内

第4回市民公開講座 よいケアとは何かを考える
第4回市民公開講座 よいケアとは何かを考える

2016年8月7日(日)に生存科学研究所・上智大学・東京医療センター主催による、第4回市民公開講座「ユマニチュードという革命」が開催されます。

今回は、フランスで生まれ、36年の実績をもつケアメソッド・ユマニチュードの考案者であるロゼット・マレスコッティとイヴ・ジネストのふたりがユマニチュードの根底に流れる哲学を存分に語ります。
さらに総合討論ではケア技法の導入に欠かすことのできない客観的な分析評価と教育、現場への導入について専門家・実践者と語りあいます。

詳細・お申し込みにつきましては、生存科学研究所の講演ページを御覧ください。

講演 第4回市民公開講座「ユマニチュードという革命」
日時 2016年8月7日(日) 13:00-16:20
12:00 開場
会場 上智大学 四谷キャンパス 10号館講堂
(東京都千代田区紀尾井町6-2)
主催 公益財団法人生存科学研究所
上智大学
国立病院機構東京医療センター

パンフレット(PDF)

更新:2016/6/14